株をはじめるメリット

先日、株の入門セミナーに参加してきました。

私は、長いこと外貨預金はしていましたが、株はやったことがありりませんでした。

バブルの頃、友人たちは揃って株をやりはじめ、かなりの利益を出していました。

外貨預金もそれなりに利益が出ていたので、特にあらためてやる必要はないかな、と思っていたのです。

バブル崩壊後、株価も下がりましたが最近また、株価が上がっってきています。

外貨預金もかなり慣れてきたので、少しずつ株もはじめてみようと思い、株の入門セミーに参加したのです。

株を購入するというのは、たしかに配当金や利益が期待できますが、それ以外にも株主てある優待を受けことができる、ということです。

たとえば日本マクドナルドの株を持っていると、食事優待券がもらえます。

100株以上で、食事優待券が1冊もらえるのですが、その内容としてはバーガー類・お飲み物・サイドメニュー3種類の商品の無料引換券が1枚となったシート6枚が綴られています。

またダイドードリンコでは、100株以上で3,000円相当の製品がもらえるなどの特典があります。

優待を受けるにはある程度まとまった株数の購入が条件というところが多いですが、好きな企業の好きな製品なら、その投資方法もいいですね。

また株主になっている、という優越感も持つことができるのではないでしょうか?

株の入門セミナーでは、まず株式に必要な専門用語、基本的な株の売買に関することがメインでした。

専門用語が理解できただけでもとても参考になりました。